Commit a684621d authored by Christophe Massiot's avatar Christophe Massiot
Browse files

Updated Japanese translation, courtesy of Fumio Nakayama <endymion@ca2.so-net.ne.jp>.

parent 6bc0752a
......@@ -5,7 +5,7 @@ msgid ""
msgstr ""
"Project-Id-Version: vlc\n"
"POT-Creation-Date: 2003-01-13 15:48+0100\n"
"PO-Revision-Date: 2003-01-08 23:24+0900\n"
"PO-Revision-Date: 2003-01-09 02:37+0900\n"
"Last-Translator: Fumio Nakayama <endymion@ca2.so-net.ne.jp>\n"
"Language-Team: LANGUAGE <LL@li.org>\n"
"MIME-Version: 1.0\n"
......@@ -15,7 +15,7 @@ msgstr ""
#. Translate "C" to the language code: "fr", "en_GB", "nl", "ru"...
#: src/libvlc.c:254
msgid "C"
msgstr ""
msgstr "ja"
#. Usage
#: src/libvlc.c:284 src/libvlc.c:1258
......@@ -39,28 +39,25 @@ msgstr "
#: src/libvlc.c:1142
msgid " (default enabled)"
msgstr ""
msgstr " (デフォルト:有効)"
#: src/libvlc.c:1143
msgid " (default disabled)"
msgstr ""
msgstr " (デフォルト:無効)"
#: src/libvlc.c:1233 src/libvlc.c:1288 src/libvlc.c:1312
#, fuzzy
msgid ""
"\n"
"Press the RETURN key to continue...\n"
msgstr ""
"\n"
"続けるにはEnterキーを押してください。"
"続けるにはEnterキーを押してください。\n"
#: src/libvlc.c:1261
#, fuzzy
msgid "[module] [description]\n"
msgstr "[モジュール] [説明]"
msgstr "[モジュール] [説明]\n"
#: src/libvlc.c:1306
#, fuzzy
msgid ""
"This program comes with NO WARRANTY, to the extent permitted by law.\n"
"You may redistribute it under the terms of the GNU General Public License;\n"
......@@ -70,7 +67,7 @@ msgstr ""
"法律によって許可される範囲でこのプログラムには何の保証もありません。\n"
"あなたは、GNU GPLの条項に基づいて再配布するかも知れません。\n"
"COPYINGファイルに詳細が書かれていますので、参照してください。\n"
"Written by the VideoLAN team at Ecole Centrale, Paris."
"Written by the VideoLAN team at Ecole Centrale, Paris.\n"
#. ****************************************************************************
#. * Configuration options for the main program. Each module will also separatly
......@@ -83,42 +80,38 @@ msgid "interface module"
msgstr "インタフェース・モジュール"
#: src/libvlc.h:36
#, fuzzy
msgid ""
"This option allows you to select the interface used by vlc. The default "
"behavior is to automatically select the best module available."
msgstr ""
"このオプションは使用するインタフェースが選択可能です。\n"
"※デフォルトで自動的に最適なモジュールが選択されます。"
msgstr "使用するインタフェースが選択可能です。デフォルトで自動的に最適なモジュールが選択されます。"
#: src/libvlc.h:40
msgid "verbosity (0,1,2)"
msgstr ""
msgstr "冗長 (0,1,2)"
#: src/libvlc.h:42
msgid ""
"This options sets the verbosity level (0=only errors and standard messages, "
"1=warnings, 2=debug)."
msgstr ""
msgstr "冗長レベルを指定します (0=エラーと標準メッセージのみ、1=警告、2=デバッグ)"
#: src/libvlc.h:45
msgid "be quiet"
msgstr ""
msgstr "エラーのみ"
#: src/libvlc.h:47
msgid "This options turns off all warning and information messages."
msgstr ""
msgstr "すべての警告と情報メッセージを抑止します。"
#: src/libvlc.h:49
#, fuzzy
msgid "color messages"
msgstr "メッセージ"
msgstr "カラー・メッセージ"
#: src/libvlc.h:51
msgid ""
"When this option is turned on, the messages sent to the console will be "
"colorized. Your terminal needs Linux color support for this to work."
msgstr ""
msgstr "このオプションを設定すると、コンソールに送信されるメッセージはカラー化されます。この動作は端末がLinuxカラーをサポートしている必要があります。"
#: src/libvlc.h:54
msgid "interface default search path"
......@@ -128,52 +121,40 @@ msgstr "
msgid ""
"This option allows you to set the default path that the interface will open "
"when looking for a file."
msgstr ""
"このオプションはファイルを見つけるときにオープンされるインタフェースの既定の"
"パスを設定します。"
msgstr "ファイルを見つけるときにオープンされるインタフェースの既定のパスを設定します。"
#: src/libvlc.h:59
msgid "plugin search path"
msgstr ""
msgstr "プラグインの検索パス"
#: src/libvlc.h:61
#, fuzzy
msgid ""
"This option allows you to specify an additional path for vlc to look for its "
"plugins."
msgstr ""
"このオプションはファイルを見つけるときにオープンされるインタフェースの既定の"
"パスを設定します。"
msgstr "vlcがプラグインを見つけるときに検索される追加のパスを設定します。"
#: src/libvlc.h:64
msgid "audio output module"
msgstr "オーディオ出力モジュール"
#: src/libvlc.h:66
#, fuzzy
msgid ""
"This option allows you to select the audio output method used by vlc. The "
"default behavior is to automatically select the best method available."
msgstr ""
"このオプションはオーディオ出力方法が選択可能です。\n"
"※デフォルトで自動的に最適な方法が選択されます。"
msgstr "オーディオ出力方法が選択可能です。デフォルトで自動的に最適な方法が選択されます。"
#: src/libvlc.h:70
#, fuzzy
msgid "enable audio"
msgstr "オーディオを効にする"
msgstr "オーディオを効にする"
#: src/libvlc.h:72
#, fuzzy
msgid ""
"You can completely disable the audio output. In this case the audio decoding "
"stage won't be done, and it will save some processing power."
msgstr ""
"オーディオ出力を完全に無効にします。オーディオはデコードされません。これによ"
"り、いくらかの処理パワーをセーブすることができます。"
msgstr "オーディオ出力を完全に無効にします。オーディオはデコードされません。これにより、いくらかの処理パワーをセーブすることができます。"
#: src/libvlc.h:75
#, fuzzy
msgid "force mono audio"
msgstr "モノラル"
......@@ -195,7 +176,6 @@ msgid "audio output frequency (Hz)"
msgstr "オーディオ出力周波数(Hz)"
#: src/libvlc.h:85
#, fuzzy
msgid ""
"You can force the audio output frequency here. Common values are 48000, "
"44100, 32000, 22050, 16000, 11025, 8000."
......@@ -211,13 +191,11 @@ msgstr "
msgid ""
"This option allows you to delay the audio output. This can be handy if you "
"notice a lag between the video and the audio."
msgstr ""
"オーディオ出力の遅れを設定します。ビデオと音声のズレがある場合には、適切な値"
"を設定できます。"
msgstr "オーディオ出力の遅れを設定します。ビデオと音声のズレがある場合には、適切な値を設定できます。"
#: src/libvlc.h:93
msgid "headphone virtual spatialization effect"
msgstr ""
msgstr "ヘッドホーンの仮想的な音の広がり効果"
#: src/libvlc.h:95
msgid ""
......@@ -227,43 +205,38 @@ msgid ""
"tiring when listening to music for long periods of time.\n"
"It works with any source format from mono to 5.1."
msgstr ""
"このオプションは完全な5.1チャンネル・スピーカが設定された部屋で聞いているかのような効果をヘッドホーンの音声に与えより臨場感を持たせます。また、長時間のリスニングでも安心して聞いていられます。\n"
"この機能は、モノラルから5.1チャンネルまでのすべてのソース・フォーマットで動作します。"
#: src/libvlc.h:102
msgid "characteristic dimension"
msgstr ""
msgstr "空間の特性"
#: src/libvlc.h:104
msgid ""
"Headphone virtual spatialization effect parameter: distance between front "
"left speaker and listener in meters."
msgstr ""
msgstr "ヘッドホーンの仮想的な音の広がり効果:フロント左側スピーカとリスナーの間の距離をメートルで指定します。"
#: src/libvlc.h:107
msgid "video output module"
msgstr "ビデオ出力モジュール"
#: src/libvlc.h:109
#, fuzzy
msgid ""
"This option allows you to select the video output method used by vlc. The "
"default behavior is to automatically select the best method available."
msgstr ""
"このオプションは使用するビデオ出力方法が選択できます。\n"
"※デフォルトで自動的に最適な方法が選択されます。"
msgstr "このオプションは使用するビデオ出力方法が選択できます。デフォルトで自動的に最適な方法が選択されます。"
#: src/libvlc.h:113
#, fuzzy
msgid "enable video"
msgstr "ビデオを効にする"
msgstr "ビデオを効にする"
#: src/libvlc.h:115
#, fuzzy
msgid ""
"You can completely disable the video output. In this case the video decoding "
"stage won't be done, which will save some processing power."
msgstr ""
"ビデオ出力を完全に無効化します。ビデオはデコードされません。これにより、いく"
"らかの処理パワーをセーブすることができます。"
msgstr "ビデオ出力を完全に無効化します。ビデオはデコードされません。これにより、いくらかの処理パワーをセーブすることができます。"
#: src/libvlc.h:118
msgid "display identifier"
......@@ -273,16 +246,13 @@ msgstr "
msgid ""
"This is the local display port that will be used for X11 drawing. For "
"instance :0.1."
msgstr ""
"X11が描画するローカルのディスプレイ・ポートを指定します。インスタンスは、:0.1"
"です。"
msgstr "X11が描画するローカルのディスプレイ・ポートを指定します。インスタンスは、:0.1です。"
#: src/libvlc.h:123
msgid "video width"
msgstr "ビデオの幅"
#: src/libvlc.h:125
#, fuzzy
msgid ""
"You can enforce the video width here. By default vlc will adapt to the video "
"characteristics."
......@@ -295,7 +265,6 @@ msgid "video height"
msgstr "ビデオの高さ"
#: src/libvlc.h:130
#, fuzzy
msgid ""
"You can enforce the video height here. By default vlc will adapt to the "
"video characteristics."
......@@ -316,13 +285,10 @@ msgid "grayscale video output"
msgstr "グレースケール"
#: src/libvlc.h:139
#, fuzzy
msgid ""
"When enabled, the color information from the video won't be decoded (this "
"can also allow you to save some processing power)."
msgstr ""
"このオプションを使用すると、vlcはカラー情報をデコードしません。(これにより、"
"いくらかの処理パワーをセーブすることができます。)"
msgstr "このオプションを使用すると、vlcはカラー情報をデコードしません。(これにより、いくらかの処理パワーをセーブすることができます。)"
#: src/libvlc.h:142
msgid "fullscreen video output"
......@@ -331,16 +297,13 @@ msgstr "
#: src/libvlc.h:144
msgid ""
"If this option is enabled, vlc will always start a video in fullscreen mode."
msgstr ""
"このオプションを指定すると、vlcは常にビデオをフルスクリーン・モードにします。"
msgstr "このオプションを指定すると、vlcは常にビデオをフルスクリーン・モードにします。"
#: src/libvlc.h:147
#, fuzzy
msgid "overlay video output"
msgstr "グレースケール"
msgstr "オーバーレイ"
#: src/libvlc.h:149
#, fuzzy
msgid ""
"If enabled, vlc will try to take advantage of the overlay capabilities of "
"your graphic card."
......@@ -351,13 +314,10 @@ msgid "force SPU position"
msgstr "サブタイトルの位置"
#: src/libvlc.h:154
#, fuzzy
msgid ""
"You can use this option to place the subtitles under the movie, instead of "
"over the movie. Try several positions."
msgstr ""
"このオプションは映像中のサブタイトルの位置を指定できます。いくつかの位置を試"
"してみてください。"
msgstr "このオプションは映像中のサブタイトルの位置を指定できます。いくつかの位置を試してみてください。"
#: src/libvlc.h:157
msgid "video filter module"
......@@ -367,11 +327,11 @@ msgstr "
msgid ""
"This will allow you to add a post-processing filter to enhance the picture "
"quality, for instance deinterlacing, or to clone or distort the video window."
msgstr "映像に効果を加えるフィルターを指定できます。"
msgstr "ノンインタレースのインスタンスまたは、クローン、湾曲化されたビデオ・ウィンドウの映像クォリティに効果を加えるフィルターを指定できます。"
#: src/libvlc.h:163
msgid "source aspect ratio"
msgstr ""
msgstr "ソースのアスペクト・レシオ"
#: src/libvlc.h:165
msgid ""
......@@ -380,11 +340,11 @@ msgid ""
"when a movie does not have aspect ratio information. Accepted formats are x:"
"y (4:3, 16:9, etc.) expressing the global image aspect, or a float value "
"(1.25, 1.3333, etc.) expressing pixel squareness."
msgstr ""
msgstr "このオプションはソースに対して、強制的に設定します。インスタンスでは、いくつかのDVDは、4:3のものでも16:9に設定します。これは、アスペクト・レシオ情報を持たないムービーのヒントとして使用する事も可能です。指定できるフォーマットは、x:y (4:3, 16:9, etc.)の形式でアスペクトを指定するか、浮動小数点値 (1.25, 1.3333, etc.)の形式でピクセルの矩形を指定します。"
#: src/libvlc.h:173
msgid "destination aspect ratio"
msgstr ""
msgstr "送信先のアスペクト・レシオ"
#: src/libvlc.h:175
msgid ""
......@@ -393,7 +353,7 @@ msgid ""
"may be used when you output VLC's signal to another device such as a TV set. "
"Accepted format is a float value (1, 1.25, 1.3333, etc.) expressing pixel "
"squareness."
msgstr ""
msgstr "強制的に送信先のピクセル・サイズを指定します。vlcのデフォルトでは使用しているハードウェアが別の方法を持っていない限り、ピクセルは矩形を示す情報として扱われます。このオプションは、TVのようにVLC信号が他のデバイスに送信されないようにするために使用される可能性があります。指定できるフォーマットは、浮動小数点値 (1, 1.25, 1.3333など)です。"
#: src/libvlc.h:182
msgid "server port"
......@@ -404,15 +364,14 @@ msgid "This is the port used for UDP streams. By default, we chose 1234."
msgstr "UDPストリームで使用されるポートを指定します。既定値は1234です。"
#: src/libvlc.h:186
#, fuzzy
msgid "MTU of the network interface"
msgstr "ネットワーク・インタフェース"
msgstr "ネットワーク・インタフェースのMTU"
#: src/libvlc.h:188
msgid ""
"This is the typical size of UDP packets that we expect. On Ethernet it is "
"usually 1500."
msgstr ""
msgstr "期待する典型的なUDPパケットのサイズです。イーサネットでは、その値は、通常1500です。"
#: src/libvlc.h:191
msgid "enable network channel mode"
......@@ -420,9 +379,7 @@ msgstr "
#: src/libvlc.h:193
msgid "Activate this option if you want to use the VideoLAN Channel Server."
msgstr ""
"VideoLANのチャンネル・サーバーを使用する場合には、このオプションを有効にしま"
"す。"
msgstr "VideoLANのチャンネル・サーバーを使用する場合には、このオプションを有効にします。"
#: src/libvlc.h:195
msgid "channel server address"
......@@ -448,24 +405,18 @@ msgstr "
msgid ""
"If you have several interfaces on your Linux machine and use the VLAN "
"solution, you may indicate here which interface to use."
msgstr ""
"Linuxマシン上に複数のネットワーク・インタフェースがあり、VLANソリューションを"
"使用する場合には、使用するインタフェースを指定します。"
msgstr "Linuxマシン上に複数のネットワーク・インタフェースがあり、VLANソリューションを使用する場合には、使用するインタフェースを指定します。"
#: src/libvlc.h:208
#, fuzzy
msgid "network interface address"
msgstr "ネットワーク・インタフェース"
#: src/libvlc.h:210
#, fuzzy
msgid ""
"If you have several interfaces on your machine and use the multicast "
"solution, you will probably have to indicate the IP address of your "
"multicasting interface here."
msgstr ""
"Linuxマシン上に複数のネットワーク・インタフェースがあり、VLANソリューションを"
"使用する場合には、使用するインタフェースを指定します。"
msgstr "Linuxマシン上に複数のネットワーク・インタフェースがあり、マルチキャスト・ソリューションを使用する場合には、おそらく、IPアドレスかマルチキャストを行っているインタフェースを指定しなければなりません。"
#: src/libvlc.h:214
msgid "choose program (SID)"
......@@ -491,8 +442,7 @@ msgstr "
msgid ""
"Give the stream number of the audio channel you want to use in a DVD (from 1 "
"to n)."
msgstr ""
"DVDの中で使用したいオーディオのストリーム番号を指定します。(1からnまで)"
msgstr "DVDの中で使用したいオーディオのチャンネル番号を指定します。(1からnまで)"
#: src/libvlc.h:227
msgid "choose subtitles"
......@@ -502,7 +452,7 @@ msgstr "
msgid ""
"Give the stream number of the subtitle channel you want to use in a DVD "
"(from 1 to n)."
msgstr "DVDの中で使用したい字幕のストリーム番号を指定します。(1からnまで)"
msgstr "DVDの中で使用したい字幕のチャンネル番号を指定します。(1からnまで)"
#: src/libvlc.h:232
msgid "DVD device"
......@@ -512,7 +462,7 @@ msgstr "DVD
msgid ""
"This is the default DVD drive (or file) to use. Don't forget the colon after "
"the drive letter (eg D:)"
msgstr ""
msgstr "使用する既定のDVDドライブ(またはファイル)です。ドライブ文字の後にコロンを付加することを忘れないでください。(例 D:)"
#: src/libvlc.h:239
msgid "This is the default DVD device to use."
......@@ -534,9 +484,7 @@ msgstr "IPv6
msgid ""
"If you check this box, IPv6 will be used by default for all UDP and HTTP "
"connections."
msgstr ""
"このチェックボックスをオンにすると、IPv6がすべてのUDPとHTTPの接続で既定値とし"
"て使用されます。"
msgstr "このチェックボックスをオンにすると、IPv6がすべてのUDPとHTTPの接続で既定値として使用されます。"
#: src/libvlc.h:251
msgid "force IPv4"
......@@ -546,13 +494,11 @@ msgstr "IPv4
msgid ""
"If you check this box, IPv4 will be used by default for all UDP and HTTP "
"connections."
msgstr ""
"このチェックボックスをオンにすると、IPv4がすべてのUDPとHTTPの接続で既定値とし"
"て使用されます。"
msgstr "このチェックボックスをオンにすると、IPv4がすべてのUDPとHTTPの接続で既定値として使用されます。"
#: src/libvlc.h:256
msgid "choose prefered codec list"
msgstr ""
msgstr "準備されているコーデックの一覧の選択"
#: src/libvlc.h:258
msgid ""
......@@ -561,137 +507,114 @@ msgid ""
"Please be aware that vlc does not make any difference between audio or video "
"codecs, so you should always specify 'any' at the end of the list to make "
"sure there is a fallback for the types you didn't specify."
msgstr ""
msgstr "vlcが使用するコーデックの順序を選択することができます。'a52old,a52,any'はより新しいコーデックよりも、古いa52コーデックの使用を優先的に試みます。vlcはオーディオとビデオのコーデックでいかなる差も持たないことに注意してください。タイプが指定されなかった場合のフォールバックのために、リストの最後に常に'any'を指定しなければなりません。"
#: src/libvlc.h:265
msgid "choose a stream output"
msgstr ""
msgstr "ストリームの出力先の選択"
#: src/libvlc.h:267
msgid "Empty if no stream output."
msgstr ""
msgstr "出力ストリームがない場合、空にする"
#: src/libvlc.h:269
#, fuzzy
msgid "enable video stream output"
msgstr "グレースケール"
msgstr "ビデオ・ストリームの出力を有効にする"
#: src/libvlc.h:271 src/libvlc.h:276
msgid ""
"This allows you to choose if the video stream should be redirected to the "
"stream output facility when this last one is enabled."
msgstr ""
msgstr "ビデオ・ストリーム出力機構の最後のものが有効になっているとビデオ・ストリームが出力機構にリダイレクトされるべき場合、選択可能です。"
#: src/libvlc.h:274
msgid "enable audio stream output"
msgstr ""
msgstr "オーディオ・ストリームの出力を有効にする"
#: src/libvlc.h:279
msgid "choose prefered packetizer list"
msgstr ""
msgstr "準備されているパケッタライザー一覧の選択"
#: src/libvlc.h:281
msgid ""
"This allows you to select the order in which vlc will choose its packetizers."
msgstr ""
msgstr "vlcが選択するパケッタライザーの順序を選択します。"
#: src/libvlc.h:284
#, fuzzy
msgid "mux module"
msgstr "X11モジュール"
msgstr "muxモジュール"
#: src/libvlc.h:286
msgid "This is a legacy entry to let you configure mux modules"
msgstr ""
msgstr "muxモジュールを設定するレガシー・エントリです。"
#: src/libvlc.h:288
#, fuzzy
msgid "access output module"
msgstr "オーディオ出力モジュール"
#: src/libvlc.h:290
msgid "This is a legacy entry to let you configure access output modules"
msgstr ""
msgstr "アクセス出力モジュールを設定するレガシー・エントリです。"
#: src/libvlc.h:293
#, fuzzy
msgid "enable CPU MMX support"
msgstr "CPUのMMXサポートを無効にする"
#: src/libvlc.h:295
#, fuzzy
msgid ""
"If your processor supports the MMX instructions set, vlc can take advantage "
"of them."
msgstr ""
"CPUがサポートしているMMXの機能セットを使用したくない場合には、このオプション"
"を選択します。"
msgstr "プロセッサがMMXの機能セットをサポートしている場合には、vlcはそのアドバンテージを利用できます。"
#: src/libvlc.h:298
#, fuzzy
msgid "enable CPU 3D Now! support"
msgstr "CPUの3D Now!サポートを無効にする"
#: src/libvlc.h:300
#, fuzzy
msgid ""
"If your processor supports the 3D Now! instructions set, vlc can take "
"advantage of them."
msgstr ""
"CPUがサポートしている3D Now!機能を使用したくない場合には、このオプションを選"
"択します。"
msgstr "プロセッサが3D Now!機能をサポートしている場合には、vlcはそのアドバンテージを利用できます。"
#: src/libvlc.h:303
#, fuzzy
msgid "enable CPU MMX EXT support"
msgstr "CPUのMMX拡張機能サポートを無効にする"
#: src/libvlc.h:305
#, fuzzy
msgid ""
"If your processor supports the MMX EXT instructions set, vlc can take "
"advantage of them."
msgstr ""
"CPUがサポートしているMMXの拡張機能セットを使用したくない場合には、このオプ"
"ションを選択します。"
msgstr "プロセッサがMMXの拡張機能セットをサポートしている場合には、vlcはそのアドバンテージを利用することができます。"
#: src/libvlc.h:308
#, fuzzy
msgid "enable CPU SSE support"
msgstr "CPUのSSEサポートを無効にする"
#: src/libvlc.h:310
#, fuzzy
msgid ""
"If your processor supports the SSE instructions set, vlc can take advantage "
"of them."
msgstr ""
"CPUがサポートしているSSEの機能セットを使用したくない場合には、このオプション"
"を選択します。"
msgstr "プロセッサがSSEの機能セットをサポートしている場合には、vlcはそのアドバンテージを利用することができます。"
#: src/libvlc.h:313
#, fuzzy
msgid "enable CPU AltiVec support"
msgstr "CPUのAltiVecサポートを無効にする"
#: src/libvlc.h:315
#, fuzzy
msgid ""
"If your processor supports the AltiVec instructions set, vlc can take "
"advantage of them."
msgstr ""
"CPUがサポートしているAltiVecの機能セットを使用したくない場合には、このオプ"
"ションを選択します。"
msgstr "プロセッサがAltiVecの機能セットをサポートしている場合には、そのアドバンテージを利用することができます。"
#: src/libvlc.h:318
msgid "play files randomly forever"
msgstr ""
msgstr "ファイルをランダムに再生"
#: src/libvlc.h:320
msgid ""
"When selected, vlc will randomly play files in the playlist until "
"interrupted."
msgstr ""
msgstr "このオプションが選択されるとvlcはプレイリストのファイルをランダムに再生します。"
#: src/libvlc.h:323
msgid "launch playlist on startup"
......@@ -699,11 +622,9 @@ msgstr "
#: src/libvlc.h:325
msgid "If you want vlc to start playing on startup, then enable this option."
msgstr ""
"vlcの起動時にプレイリストを起動したい場合には、このオプションを選択します。"
msgstr "vlcの起動時にプレイリストを起動したい場合には、このオプションを選択します。"
#: src/libvlc.h:327
#, fuzzy
msgid "enqueue items in playlist"
msgstr "デフォルトでプレイリストに追加"
......@@ -711,9 +632,7 @@ msgstr "
msgid ""
"If you want vlc to add items to the playlist as you open them, then enable "
"this option."
msgstr ""
"プレイリストにオープンしている項目を追加したい場合には、このオプションを選択"
"します。"
msgstr "プレイリストにオープンしている項目を追加したい場合には、このオプションを選択します。"
#: src/libvlc.h:332
msgid "loop playlist on end"
......@@ -723,59 +642,48 @@ msgstr "
msgid ""
"If you want vlc to keep playing the playlist indefinitely then enable this "
"option."
msgstr ""
"プレイリストの再生を繰り返して行いたい場合には、このオプションを選択します。"
msgstr "プレイリストの再生を繰り返して行いたい場合には、このオプションを選択します。"
#: src/libvlc.h:337
msgid "memory copy module"
msgstr "メモリー・コピー・モジュール"
#: src/libvlc.h:339
#, fuzzy
msgid ""
"You can select which memory copy module you want to use. By defaultvlc will "
"select the fastest one supported by your hardware."
msgstr ""
"使用したいメモリー・コピー・モジュールを選択します。vlcはデフォルトでハード"
"ウェアがサポートしている最も速いものを選択します。"
msgstr "使用したいメモリー・コピー・モジュールを選択します。vlcはデフォルトでハードウェアがサポートしている最も速いものを選択します。"
#: src/libvlc.h:342
#, fuzzy
msgid "access module"
msgstr "インタフェース・モジュール"
msgstr "アクセス・モジュール"
#: src/libvlc.h:344
msgid "This is a legacy entry to let you configure access modules"
msgstr ""
msgstr "アクセス・モジュールを選択するレガシー・エントリです。"
#: src/libvlc.h:346
#, fuzzy
msgid "demux module"
msgstr "ヘルプ・モジュール"
msgstr "demuxモジュール"
#: src/libvlc.h:348
msgid "This is a legacy entry to let you configure demux modules"
msgstr ""
msgstr "demuxモジュールを選択するレガシー・エントリです。"
#: src/libvlc.h:350
#, fuzzy
msgid "fast mutex on NT/2K/XP (developers only)"
msgstr "Pスレッドの使用 NT/2K/XP (開発者向け)"
msgstr "高速mutexの使用 NT/2K/XP (開発者向け)"